欧州ネーションズリーグ-ドイツ5-2イタリア!ヴェルナー2ゴールドナルマが大きな贈り物をした


UEFAネーションズリーグのグループA3の第4ラウンドでは、ドイツが自宅でイタリアと対戦しました。 ゲームの前半、キミッヒはドイツの得点を開始し、ギュンドアンは負傷時にペナルティーキックを決めた。 後半、ミュラーのゴールは引き続きリードを広げ、ヴェルナーは2得点、グノトとバストーニはイタリアの2ゴールを取り戻し、ドイツはついにイタリアを5-2で下した。 この試合後、ドイツはグループA3で1勝3引き分け6ポイントで2位、イタリアはグループA3で1勝2引き分け1敗5ポイントで3位にランクインしました。

ドイツとイタリアは、国際Aレベルの大会で36回対戦しました。ドイツは、9勝、12引き分け、15敗で、このUEFAネーションズリーグの最初のグループ戦で2チームが1対1で引き分けました。この試合は、ドイツ代表チームを代表するノイアーにとって113回目であり、ラームの代表チームの出場記録を結び、チームの出場履歴で6位につけました。

前半7分、中盤にボールを入れた後、ペナルティエリアの前に出てパスをブロックしたセインは、再びボールを奪い、ベースラインを外れたローショットを調整した。 8分、ポリターノが右サイドから内向きにカットし、ペナルティエリアに斜めにパスした。ラスパドリのシャベルシュートはノイアーにブロックされた。 10分、ギュンドアンが中盤からペナルティエリアまでロングパス、ウェルナーが左サイドにボールを決め、ラウムがペナルティエリアへのパスを決め、キミッヒがボールを止めて得点、ドイツが1-0でリード。
14分、ラウムがコーナーキックを放ち、ルディガーのヘディングがベースラインを外した。 22分、ラスパドリがフロントコートでフリーキックを放ち、クリスタンテがクロスバーを越えてゴールを決めた。 32分、ヴェルナーがペナルティエリアの右側を斜めにパスし、ホフマンのローアングルシュートがドンナルマにセーブされた。 39分、ミュラーが弧の頂点をノックし、セインがゴールをボレーし、ドンナルマに救われた。 40分、セインはペナルティエリアの右側を斜めにパスし、ヴェルナーのボレーはドンナルマに救われた。

ストップタイムの2分、バストーニがペナルティーエリアでホフマンを後ろから押し込み、審判がペナルティーキックを与えた。グンドガンがペナルティーキックを行い、ドイツが2-0でリードした。
後半、両チームはチームを変えて再び戦った。 46分、カラブリアが右サイドからパスを決めてクリア。クリスタンテがボールをボレーし、ゴールを逃した。 51分、セインが左サイドでボールを決め、ウェルナーがドアをノックしてディフェンダーにブロックされ、ミューラーがボールをボレーして得点し、ドイツが3-0でリードした。
54分、イタリアがミドルサークルでボールを奪った後、反撃。カプラリがペナルティエリアに直行。バレラが正面玄関に押し込み、シュートを放ったが、ノイアーがゴールラインからセーブした。イタリアがオフサイドだったことを示します。 63分、バレラがペナルティエリアに侵入し、ゴールを高くボレーした。

67分、ミュラーがペナルティエリアの左側から斜めにパスし、ニャブリが中央をノックし、ヴェルナーがボールにタックルして得点し、ドイツが4-0でリードした。
68分、ドンナルマがバックコートでボールをプレーし、ニャブリに奪われ、ヴェルナーがプッシュして得点し、ドイツが5-0でリードした。
78分、カラブリアが右サイドからクロスを放ち、ディマルコがボールを決めてゴールを決め、ノイアーにセーブされた。
86分には2人のファンがフィールドに駆け込み、試合は一時中断された。 90分、セインはペナルティエリアの左側のボトムラインから逆三角形をノックバックし、スタッハはローショットを取り、ボトムラインの広いネットをこすった。停止時間の2分で、ディマルコはペナルティエリアの正面からシュートし、ノイアーによってクロスバーをノックオフされました。

停止時間の3分で、ディマルコはコーナーからクロスを作り、バストーニは頭を下げて得点し、イタリアは別のゴール、2-5を引き戻しました。結局、ドイツはイタリアを5-2で下した。

日本代表の ユニフォームをお探しなら、【SAKKALS サッカーユニフォーム通販】にお任せ、ナンバリング印刷無料、激安 販売中! → https://sakkals.com/product-category/representative_club/representation_from_japan


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。